七五三祈願のご案内

 石岡市の産土様・氏神様である当宮では、お子様の「七五三祝祭」を今年も斎行いたします。昇殿祈祷の上、お子様の成長を神様にご奉告ください。そして、美しい神域と社殿を背景に、写真やビデオに一生の思い出をお残しください。

七五三の由来

 日本では古来より、人間は七歳になるまで「神様の子」と考えられてきました。一家の宝として、それだけ子供たちが大切にされていた証です。そこで一つ年を重ねて成長するごとにお祝いをしていました。その後、奇数を陽数とする大陸の風習が取り入れられ、七、五、三の歳にまとめて祝われるようになったのが、七五三の始まりと考えられています。江戸時代、徳川五代将軍綱吉の子、徳松君が三歳のお祝いを行なって以来、11月15日に行われるようになりました。現在では10月から11月の吉日に随時行われています。

三歳「髪置(かみおき)」:誕生以来伸ばさず剃り続けていた髪の毛を、三歳になって初めて伸ばし始めるお祝い。
五歳「袴着(はかまぎ)」:五歳の男の子が初めて袴を着け、一人前の男子と認められるお祝い。
七歳「帯直し(おびなおし)」:七歳の女の子がそれまで付けていた付け紐の代わりに始めて帯を締め始めるお祝い。

千歳飴

 七五三の代名詞である千歳飴は浅草の飴売りが売り出したのが始まりとされています。大きくなった子供達が「これからずっと長生きしてくれるように」との願いを込めて「千歳」の名で、細長く作られているのが特徴です。当宮では御神前でお清めした千歳飴を、御札・御守とともにお頒けしています。

ご祈祷とご予約

受付時間:午前9時〜午後4時まで随時受付(御祈祷の所要時間は約30分ほどです。ご予約も受け付けております。)
初穂料:5千円、1万円、2万円、3万円以上のいずれかからお選び下さい。

 ご予約のお申し込みの際には、「お子様のお名前」、「保護者のご氏名」、「お祝いの年齢(7歳、5歳、3歳)」、「ご来社の日時」、「初穂料」、「ご住所」、「ご連絡先(電話 または メールアドレス)」をお伝え下さい。また、お名前には必ずふりがなも添えて下さい。

※大安・吉日は混雑が予想されます。お時間に余裕を持ってお越しください。

御祈祷のお申し込み