總社宮のご案内 結婚式

 遥か出雲の国に鎮まります大国主大神は、いにしえより縁結びの神として広く知られ、常陸國總社宮にも、その御分霊が六柱の大神等として併せ祀られています。

 神代の昔からのむすびの大神の御神徳によって大神の御前で明るくすこやかな愛の御神縁を固く結び合い、新しい人生の門出を迎えるお二人の儀式を、心をこめてお手伝いいたします。

 心静かに、ゆったりとした気持ちで挙式を行っていただくため、原則として午前10時、午後2時のどちらかに時刻を指定させていただき、1日2組までとさせていただいております。当社の重要なお祭り(9月の大祭、元旦祭、節分祭等)の時はご希望に添えない場合がございます。また、土・日祭日の吉日のご希望はなるべくお早めにご相談下さい。

結婚式のお申し込み

衣装について

 衣装についての規定は設けておりません。打ち掛け、ウェディングドレス、振り袖、礼服、平服等いずれの服装でも結構です。ただし御神前ですので平服の場合新郎はネクタイ着用、新婦はそれに相応しい不敬にならない服装を基本とさせていただきます。

貸衣装・ヘアメイク・控え室について

 貸衣裳、ヘアメイクはお知り合いの業者がありましたら、お持ち込みで結構です。持ち込み料はいただきません。
 特にお持ち込みのご希望がなければ、貸衣裳、ヘアメイク、また披露宴会場等もご紹介いたします。良心的な業者ばかりですので人生の門出に相応しい心を込めたご奉仕ができると確信いたしております。ご紹介だけですので、その後の打ち合わせ等は当事者間で行っていただきます。

 控え室は親族用以外にも着付け用のお部屋もご用意できます。室料はいただきません。

写真・ビデオ撮影について

 挙式中の撮影は結構ですが、お祓い、祝詞奏上(のりとそうじょう)の時等、お断りする場合もあります。あらかじめ打ち合わせをさせていただきます。

 集合写真は神楽殿前、拝殿をバックに撮られることが多いようです。写真撮影の業者につきましても、ご希望があればご紹介いたします。(集合写真・スナップ・ビデオ撮影)

挙式所要時間

 ご列席の方々の人数にもよりますが、ご親族のご紹介も含めておよそ40分です。

参列者

 親族席はご両家で30名ですが、それ以上の参列も可能です。 もちろん二人だけの結婚式も出来ます。一生に一度の結婚式です。親しいご友人等の参列もお勧めいたします。

挙式料

 ご列席者の人数に係らず5万円以上とさせていただいております。挙式料は神様にお供えする幣帛(みてぐら)です。本来はそれぞれにお心による奉納を捧げるものです。上記金額は一応の目安としています。

奉仕者

挙式のご奉仕は神職1〜2名、巫女1〜3名にての奉仕になります。ご新郎ご新婦様のお幸せと、ご両家の末永いご繁栄をお祈りして、挙式中に巫女による浦安の舞を奉納いたします。